ブログ

二の腕のプツプツ、毛孔性苔癬治療✨

2022/04/29
段々と気温も高くなり、半袖になる日も増えて来ましたね☀️
今回のブログは、お肌を出すようになるこれからの時期に特にご相談が多くなる【毛孔性苔癬】についてのご案内です😌

<毛孔性苔癬とは>
毛孔性角化症とも言われる毛穴の角質異常のひとつです。皮膚の表面にある角質細胞が生まれてから剥がれ落ちるまでの過程を角化と言います。この角化に異常が起きることで剥がれ落ちるはずの角質が毛穴に詰まり、この詰まった角栓の先端部分が皮膚の表面に突出、お肌が鳥肌のようにぶつぶつ、ザラザラとした状態となるのが特徴です。
かゆみなどの自覚症状はなく、見た目は肌色、時に赤〜褐色の色調を伴います。
主に上腕に多いですが、肩・背中・臀部・大腿にも症状発症します。

小児期に出現し、思春期に症状が強くなり、年齢と共に自然に改善する傾向にありますが、最近では年齢問わず悩まれている方もいらっしゃいます。

治療は保険診療による外用薬が一般的です🏥
しかし、保険の外用治療では症状改善に限界があるのも事実です。

当院では保険診療の他に、毛孔性苔癬を少しでも早く、綺麗に改善させたい患者様のために自費診療もご用意しております☺️
自費診療ではボディクリームと治療があるのですが、本日は治療についてお話しいたします。

●ダーマペン
 複数本の針を皮膚に刺すことで刺激し、創傷治癒能力によるコラーゲン形成を誘発すことを目的とした治療です。治そうとする力を使い、角化異常を起こした肌を整えて、肌触りを滑らかにしたり肌質改善の効果があります❣️
さらに一緒に使用する製剤ベネブには、成長因子やヒアルロン酸、ビタミン剤などが入っており、より効果を高めます✨

●ウーバーピール
 ウーバーピールはダーマペンと専用のピーリング薬剤を併用した治療です。
薬剤にはお肌の再構築を促し、抗炎症作用のあるマンデル酸や、お肌の再生、美肌作用のある乳酸、殺菌作用と角質剥離作用のあるレゾルシノール、ピルビン酸、美白作用のあるコウジ酸など、合計11種類の有効成分が入っており、それらの働きにより毛孔性苔癬による症状の赤みや色素沈着を薄くしていく効果が期待出来ます✨

治療の痛みはほぼありません。くすぐったいとおっしゃられる方もいます。
麻酔は使用いたしませんがご希望の方にはご用意可能です。(別途麻酔代4,400円)

施術後は赤みや擦過傷が数日間続く可能性がございますが、時間とともに治まります😌
ウーバーピール治療の場合は数日後に皮むけやまれに炎症部分にかさぶたができることがございますが、保湿をしていただくことで治まります。
施術の当日からシャワー浴も可能です🚿

どちらの施術も、1回でも効果をご実感いただけますが、1回の施術で全ての症状を改善するものではなく、複数回お受けいただくことでより効果をご実感、維持していただけます。
治療のペースは3〜4週間に1回、3〜5回お受けいただくことをおすすめしております。

お悩みの患者様はぜひお気軽にお問い合わせ下さいませ✨
立川皮膚科クリニック附属アクネケア&アンチエイジングセンター tel:042-595-6188
クレジットカード対応 治療後のお支払いは下記のクレジットカードがご利用になれます。 ※お支払いは「1回払いのみ」となります。JCB VISA Master AMEX DC Discover
アクセス