HOME > お悩み別一覧 > 肝斑

肝斑

肝斑 肝斑
肝斑(かんぱん)は、30~40代の女性に多く見られる薄茶色をしたシミの一種です。
肝斑の原因
妊娠により発生する場合や経口避妊薬(ピル)の服用をきっかけに引き起こされる場合があることから女性ホルモンのバランスなどが関与していると言われています。その他にも、触り癖などによる物理的な刺激、毛細血管の拡張なども肝斑ができる原因と考えられています。
肝斑の特徴
肝斑(かんぱん)には、ほかのシミとは違う特徴がいくつかあります。

<特徴1> シミの境界がくっきりとしている。
<特徴2> シミが地図のようにベタっとし、濃淡の差があまりない。
<特徴3> シミが左右対称である。
<特徴4> 頬にあらわれやすく、額・口の周辺などにできることもある。
<特徴5> 30代~40代であらわれることが多く、閉経後は薄くなることが多い。

<思い当たることが多かったら…もしかしたら、肝斑かもしれません!>

以下の項目についてあてはまることが多い方は肝斑の可能性があります。
是非ご相談ください。

  • 30~40代になってシミが急にできた。
  • 左右対称のシミがある。
  • シミが地図のように広がっている。
  • 顔を触る癖、擦る癖がある。
  • スキンケアやメイクを念入りにする。
  • 妊娠の経験がある、または経口避妊薬(ピル)を服用している。
  • 日常生活で強いストレスを感じている。
  • 生理の周期や季節によって、シミが薄くなったり濃くなったりすることがある。
  • 美白ケアをしているのに、シミがなかなか薄くならない。
  • 光治療やレーザー治療を受けて、逆にシミが濃くなったことがある。
当センターの肝斑治療
立川皮膚科クリニック附属アクネケア&アンチエイジングセンター tel:042-595-6188

新着情報

一覧を見る

2017/08/12
H29年8月13日(日)~H29年8月15日(火)の間、夏季休暇とさせていただきます。ご不便をおかけいたしますが、ご承知おきのほど、お願いいたします。
2017/05/16
院長がフジテレビ「バカリズムの深堀り学」の取材を受けました。5月28日放映予定
2017/05/12

美容ブログ更新中です。 PCはこちら スマホはこちら

クレジットカード対応 治療後のお支払いは下記のクレジットカードがご利用になれます。 ※お支払いは「1回払いのみ」となります。JCB VISA Master AMEX DC Discover
アクセス